忍者ブログ

REPORTのキーパー設定は、口閉じ尾開き計測の50cmからです。このblogに掲載されている画像及び文章の転用を一切禁止致します。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY

02.13.23:52

56cm yossy


yossy
9/13   56cm  MSスラマー

今月に入ってから仕事が忙しくて、まともに休みのとれない日々でしたが^^;
ようやく休みがとれるようになったんで釣りする気合いも満タン!!

ここ数回は2時間強の限られた時間内でしか魚釣りが出来なかったので、行くポイントも琵琶湖の限られた範囲内でした。

なんとか過去の個人的データから、インレットでのスラマーのパターンは掴んでたんですが、アベレージは良いものの細い魚体が多かったし超シャローに関しては案の定の奇形4様パターン^^;

台風絡み以外で50upを超すのには効率が悪いので、インレットパターンから少し狙い方を変えてみる事にしました。

で、10日(土)夜に琵琶湖に下見釣行した時に『ある共通した地形』のエリアにあるテトラや人口護岸の際を狙ってみたら比較的ウエイトのある魚ばかりが釣れる事が判明しました。

ただ、このエリアも低気圧など 魚に活気を与える影響が無い限りはイマイチな印象を受けました。
今日は時間がたっぷりあるので一つのポイントに時間を掛けてみて色んなルアーを試してみることにしました^ ^
最初に入ったポイントでは鮒ベイトの高速巻(ニーリング)で45?位のが2匹立て続けに釣れましたが痩せた魚だったんですぐに移動。

もちろん自然が相手なんで、粘ってデカいのがでる場合もあるんですが、例え30㌢クラスの魚でも痩せてる個体ばかりのエリア(アフター期は除く。)には餌になるものが少ない傾向があるので、普段からベイトフィッシュの群れについて回遊しているような、ウエイトのある大型(60に育つ魚)を狙うには確率が悪くて期待はもてません。

何とかウエイトのある魚を探してみるものの、水面系にはチェイスもなくて鮒ベイト、ジェネトラ、フラットボーンにもバイト無し↓
手応え無く、今日はアカンと思い↓それなら瀬田川に行ってみようと大移動!

まずは上流域から探るが水は動いていなくてベタナギ。移動!中流域をチェックするも同じくノー感じ↓
それなら確実に水の動く、アソコしか無い!!

ポイントに着いた時には空が明るくなりかけていました。フィーディングを意識した狙い方をするしか無い!!
選んだルアーはMSスラマー。

選んだポイントは流れの強いエリアの中に生まれた流れの弱い部分、流れに変化のあるピンスポット!
辺りはどんどん明るくなってきて、小魚が水面で跳ねています!

睡魔に襲われ意識もうろうの中、流れを横切ったスラマーがパフッ!という捕食音におそわれた瞬間、竿がバットまで絞りこまれました!

内心、雷魚ちゃうん??^_^;雷魚がいっぱい居てたのを見た事があったんでドキドキでしたが、跳ねた魚体は紛れもなくバスでした。
秋のバス、しかも川バスなんで引きは最高^ ^


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら